●プロフィール

 去渡 茂則 さわたり しげのり

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   1961年6月2日生まれ 双子座 A型

   関東バス(株)武蔵野営業所 運転士

   江戸神輿愛好會 祭華睦會 副会長

   とうちゃん

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


本業:関東バス(株)武蔵野営業所 運転士

    吉祥寺・三鷹・武蔵境・武蔵小金井エリアの路線バス運転士。勤務形態は、早番と遅番が1週間交替。

    早番の時は朝5:45分に出勤。遅番は泊まり、深夜バスなどがある。バス運転士歴14年。

    お年寄りのお客さんに聞かれた事に、ただ普通に答えただけなのに、営業所にお礼の電話が入っていた

    りする事があるらしい。もちろん、苦情の電話もあるらしい。「バスが時間どうりに来ない!」とか。

    そんな事言われても・・・。腹の立つ事もあるそうですが、「安全運転!お客さん第一!ですからねー。」


このひとしってるぅ〜?!の
チャリンコパフォーマンス隊
轢きそうになった事があるらしい。
「邪魔だなーこのガキども!」と
思ったそうだが、
彼らが「スイマセン・・・」
それから仲良し。
吉祥寺線、遅番の時は彼らに
気軽に声をかけている。






がんばる業その1:
江戸神輿愛好會 祭華睦會 副会長 

             神輿担ぎならどこまでも・・・。根っからの祭り野郎。日本国内「神輿」と聞けば飛んで行く。

             『府中 暗闇祭り』 『浅草 三社祭』 『浅草 江戸神輿大会』 『山梨 上野原祭り』 『秩父

             夜祭』 長野オリンピックのセレモニーにも担ぎに行ったとか。今年5月、ロンドンのジャパン

             フェスティバルで神輿を担ぐ計画もあったそうだが、残念ながら諸事情により中止となって

             しまった。この他に地元三鷹、吉祥寺でも頻繁に担いでいる。年間30〜40箇所の祭りや

             イベントに出没する祭り野郎なのだ。「雰囲気がたまんないね!もぉ〜宮入の時なんて

             最高ですよー!」おかげで、休暇は殆どコレで無くなってしまうらしい。

『品川 かっぱ祭り』 東品川の船宿通りからお台場に向けて神輿を乗せていざ出発!
奥の船には神主さんが乗っている のぼりをなびかせて神聖な神輿の乗った船も進む
十数隻の船がお台場に向けて進んで行く
お台場”フジテレビ”前の海岸。先を争うように船から続々と担ぎ手が降りてくる。
息子を抱いて神輿を担ぎに・・・。右の首にある塊が神輿男の勲章
朝までかかった、奥様の差し入れはおにぎり150個
唐揚げなど。年に2回はこうして奥様も協力する。
パナマ帽をかぶり、ゴミ袋をもっている方が
鳳起連の会長。
こうして若い担ぎ手をフォローする方も随所に
いらっしゃいました。

がんばる業その2:とうちゃん

             長女・長男・次女の順で3人のお子さんがいらっしゃる。3回目の出産の時はお姉ちゃんの

             幼稚園のお弁当作りもした。神輿には子供を連れて担ぎに行き、神輿担ぎのない休みの日

             は、幼稚園の送り迎え、運動会などの父兄競技に必ず参加する。「今しか遊んでくれない

             じゃない。」神輿ばかりにうつつを抜かしているのを負い目に感じて、へそくりで奥様に

             スノーボードフルセットをプレゼントしたとか。色んな意味でがんばってます!

趣味:
スノーボード。始めてまだ、4年。これでも年に5〜6回は休暇を使うそう。野球は小学生の頃から三鷹

    リトルリーグでキャッチャー。関東大会で準優勝を経験したこともあるらしい。関東バスの野球部にも

    所属していたそうだが、「肩の限界を感じて引退しました。」

夢・・・:
子供たちの着ているダボシャツをとっておいて、孫に着せて一緒に神輿を

     担ぎに行く。

     「体に気をつけて長生きしなきゃなぁ〜」

お言葉:
常識ないっていうか、自分の事しか考えてないっていうか・・・。混雑した

     車内に平気でベビーカーごと乗ってくる親。雨の日に濡れたカッパを着せ

     たまま、座席に座らせる親。注意すると、「運転手さんに怒られるから静か

     にしなさい」と子どもに言う親。

     「違うよね〜。どうして悪いのかきちんと説明できない親が多すぎる。」


編集後記

ほんとうに祭りバカ。

子ども達にもマメなヤツ。顔に似合わず以外に正統派。

今回の取材で彼の違う一面が見れました。お付き合いは長かったのですが神輿でこんなにイキイキしているとは。

日本の伝統文化を、次世代に確実に継承している一人です。複雑な人間関係や悩みを気軽に聞いてあげたり

会の対外的な問題なども副会長として、サラリとこなしています。

ストレスなんか溜まらないそうですよ。そりゃそうだよね〜。

バスの運転で溜まったストレスを上手に解消している。これも生き方のセンスの問題ですね。

だから丸々とふくよかな太りっぷりなんだよね〜。


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2001.9,20