●プロフィール

 村井 利枝子  むらい りえこ
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   1951年6月14日生まれ 双子座 B型 

   メイ・クラフト吉祥寺&青山校 
   サンドプラスト・ガラスレリーフ講座 講師/責任者

   主婦

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇








本業:メイ・クラフト吉祥寺&青山校 サンドプラスト・ガラスレリーフ講座 講師/責任者

    独身時代は通訳のお仕事をなさっていた村井さん。日中国交回復当初、各種技術代表団の通訳などの

     経験を持つ。

            「今でも機会があれば通訳のお仕事を復活させたいなと思っています。」その後結婚。  

     専業主婦時代にサンドブラストガラスレリーフに
めぐり会う機会があり、1996年3月、メイ・クラフト吉祥寺校

    開校後は
現在の講師&責任者に。一般の、ましてや素人には出来ないものだと思われていた ガラス

    創作の世界を広めてこられた。  

メイ・クラフトカルチャースクール
メイ・クラフトカルチャースクールはjojitownのサポーターです。
メイ・クラフト吉祥寺校に展示されている作品の数々
沢山のガラスの器から好きなものを選ぶ
絵柄を選び、カッティングシートにコピーし、
ある程度の大きさにカットする。
カッティングシートを器に配置し、貼る。
絵柄の余分な所をカッターで切り取る。
奥にある2台の青い機械が《サンドプラストマシン》
カッティングシートの貼られていない色被(いろきせ)
ガラスの部分を、このマシンで削っていく。
削るといっても「砂」を噴射して色を削り落とす。
砂の圧力や、器の色被せの手法、マシンやカットの
組み合わせなど、様々な技法によりガラスを削って
完成させる。
初めて見て!聞いて!言われるままに作ったマイグラス!
展示されている作品を拝見した時は、こんなに簡単に作れ
るとは思っても見なかった。
手取り足取り教わりながら、製作所要時間、1時間半程。
もっとやりた〜い!
この←のセットをレリーフすると、
こんな→素敵なセットに大変身。


がんばる業その1:主婦

             お子さんが大きくなるまでの十ン年は、専業主婦をなさっていたそうです。

             体を動かす事が大好き!好奇心旺盛なパワーは最近やっと発揮できるようになられたそう。

             またまた、がんばるお母さんをみっけました!嬉しいデス!

趣味:運動全般。特にテニスやフィットネス。じっとしていられないタイプですね。

夢:「個人的に、この吉祥寺校をはじめる時、夢がありました。海外にも広めて行きたいという夢です。

   教えるという事とは別に、広めて行きたい。」

   生徒さん達はすごく熱心で、作品も認められるようになって、色々なコンクールに入賞したり、海外で

   展示されたりという機会があるそうです。

お言葉:自分の何かを表現できる場があるということは、素晴らしい事。生徒さん皆がいい作品を作ってくれる

      事がとても嬉しいそうです。


編集後記

カルチャースクールというと、女性、特に主婦のお遊び的感覚の印象が強く、ご主人があまり関心を示さないそうですが、

こちらの教室の生徒さん達のご主人方には、とても評価が高いそうです。

それだけ完成度が高い作品に仕上がるという事ですね。

お世話になった方に世界に一つしかないグラスを贈ったり、記念日に名前や日付を入れたソーサーを差し上げたり。

頂いた方は大感激なさるそうです。

サンドプラストマシンの操作は初めてでも難しくなく、専用のカッターで切り取る作業は「無心」になれます。

なんと言っても、こんなにキラキラしている先生が教えてくださいますから、教室は和やかです。

お美しさの秘訣と、若さとパワーは、旺盛な好奇心と人が大好き!という事のようです。


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2001.8,27