●プロフィール 

冬木 れい ふゆき れい

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   19××年1月11日生まれ 山羊座 O型

   料理研究サロン『おおきな竈』主宰

   銀河系 いわて大使

   福祉の家 西荻館 
   イブニングケアーの提供
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





本業:料理研究サロン『おおきな竈』主宰

    吉祥寺南町コミュニティーセンターにて毎月1回、料理研究サロンを開催。2年ほど前からやってます。

    ご主人は作家であり、かなりの食通でいらっしゃる。ご自身ももちろん!食には並々ならぬ情熱家。

    フードコーディネーターとして、ソムリエの田崎氏の雑誌でもご活躍。

    このサロンは、お子さんの幼稚園時代のお母様や、その他れいさんの作る大きなかまどでの「おいしさ」に

    惹かれて自然と集まられた方々の空間。

    楽しくワイワイ「おいしいもの」と出会う場。お料理の先生なんかじゃない。楽しく!美味しく!元気よく!

    と〜にかくパワ〜みなぎるサロンです。なんでもアリは当たり前!「じゃあコレやってみよ!」

    「こうしちゃおうか?」

    笑顔で作れば栄養もおなかもいっぱいになる。おいしいごはんを作る基本です!

4月吉日 おおきな竈 惜春の御献立
◇桜紅茶◇向:胡麻豆腐・こごみ・丸むきうど・ふきみそ ◇酢の物:もずく(沖縄知念村)◇エシャロット漬け
◇煮物:くじら麩 ◇八寸:酒盗・からすみ
◇メイン:もぶり寿し (土佐 斧績 郷土料理)
汁:しま豆腐(沖縄) 香:七尾たく庵千切り 菓子:ジュレ ユズ・アイスティー ブレンド(吉祥寺紅茶専門店リーフル)

がんばる業その1:銀河系 いわて大使

            岩手県ブランド推進室および知事直属「短角牛」のセールスウーマン。

            なんたって!銀河系です。(?)おいしい岩手県産の「21世紀に残したい食材」に

            選ばれた牛肉です。私も先日食させていただきました!なんて言ったら良いのかな?

            脂肪がさっぱりしていて、歯ごたえが心地良くて、混ざり物がない風味って

            食べなきゃわからないですよね・・・。

吉祥寺「フランス料理 パリジェンヌ」 岩手県産 短角牛煮込み&ソテー

がんばる業その2:福祉の家 西荻館 イブニングケアーの提供

             JR西荻窪に福祉の家 西荻館というおうちがあります。月に1回夕飯を作りに

             伺っています。

夢・・・:自分のおおきなかまどを持ちたいナ!レンガで作ったかまど。食事周りを担って行きたい。

     少しでも食の状況を良くしていきたい。婦人之友2月号のれいさんの記事にはこんな事が

     記されていました。題名:舌に歴史あり

     「赤々とかまどを炊いて、華やかでおいしい料理をたっぷりと子どもたちにふるまおうと、腕まくりの

     日々である。子どもたちの舌の歴史のページをしっかり引き受けたい」

     自分の力の限りを炊きたいと仰る、れいさんです。

お言葉:吉祥寺に越してきた時、この土地でどう根付くか?って考えたのね。そして行動してきました。

      色々よ・・・。おいしいもの電波力って偉大ですよ。サロンでも色んな方々のパワーが集結します。

      お花を毎回アレンジしてくださる方、パンフの写真撮影と作成をしてくださる方、レシピに

      沿って流れを考えて下さる方、ちびっこ達の保育をしてくださる方、簡単で栄養満点のレシピを

      紹介してくださる方。た〜くさん。だから、私も少しボランティア。西荻館(がんばるひと第九回)

      夕食を作っています。いつもたくさんの笑顔に囲まれるれいさんなのです。

おおきな竈

今日の飛び入りレシピ

長いもを一口大に切り、ビニール袋に入れ、袋の口を縛って麺棒でガンガン叩きつぶす。お皿にあけたら、なめたけを混ぜる。ただそれだけなのに絶妙なお味!今さんのレシピデス!
託児施設もお隣に完備。だからちびっこ達もおおきな竈の味で「舌の歴史」を刻んでます。
presented by MINAMIZA MaMa

編集後記

あ〜!おいしかったぁ〜。

おいしいごはんを食べる事は、人間にとって欠かせないエキスです。

人として成長していく過程で絶対にはずせないもの。わかっているはずなのに、大事にしない「人」がいる。


れいさんの、華やかで赤々と火が燃えている「おおきな竈」は食べる事だけを照準にしていない。

だからこんなにも沢山の元気な方々が集まるのですね。れいさんの心意気は広かった!

沢山の笑顔や元気の素やパワーや優しさが1つになる空間でした。

日本全国から、寄贈品がありました。もずく、しま豆腐は沖縄産。お塩は「伯方の塩」の社長さんから

お米は2升もの差し入れ。うどは武蔵野産の太〜いもの。こごみやふきの春のにおいにうっとり〜。

メインのもぶり寿しはなんと、合わせ酢に甘夏とユズ入り。具には焼きサバのほぐしたものが入っている。

なんと贅沢な料理サロンなんでしょうか!これで会費1000円だよ?信じられますぅ〜?


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2001.4, 13