●プロフィール

 天野 佳子 あまの よしこ

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   1957年12月3日生まれ 射手座 

   かあちゃん(母親業)

   アクアエクササイズ指導員

   障害者運動プログラム講師

   マタニティプログラム講師

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本業:かあちゃん(母親業)  

    3人の男の子のお母さん。「やっぱ、アタシこれが本業だと思う・・・」私とは、もう10年以上のお付き合いに

    なる。天野家の1番上の息子さんと、うちの娘が同級生。お互い働く母親として、同じ保育園に通い、

    苦楽(?)を供にした。10年以上も付き合っていながら、一度も詳しい職業を知らなかった・・・。

    天野家の2番目の息子さんは「お母さんは何のお仕事しているの?」と聞かれると、「障害者と楽しく

    遊んでるんだ!」と答えるそう。

がんばる業その1:アクアエクササイズ指導員  

    アクアダイナミックス研究所(ADI)と、全米アクアエクササイズ(AEA)認定指導者、世界アクアボディ−

    ワーク協会(WABA)認定指導者でもある。1997年にはアクアエクササイズ国内総会講師を務めた。

    立派な肩書きの割には、地道な活動をしていらっしゃる天野さん。

    アクアエクササイズとは、簡単に言えばプールの中で運動する事。浮力を使って、お年寄りや体の不自由な

    人、泳げない人が簡単にお魚気分になれる。「水の中でリラクゼーションすると、違う世界に

    いけるんだよぉ!お母さんのお腹の中みたいって言う人もいるし、何かに包まれてるみたいで

    安心する〜って言う人もいるし。気っもちイイんだから!」

プールの中で体操。走ったりキックしたり。結構キツイと思う・・・。 がんばってタイムを伸ばしたり、距離を伸ばすのもいいと思う。

でも、私はこのスタイルがとっても楽しいんだなー!
健常者と身体障害者のクラス
水の中でエアロ。それも大きな声で号令!
みんなで出来る事、楽しい事を共有しあう時間
一番楽しそうなのは先生。スタッフにも「楽しい?楽しくないと相手には伝わらないよ!」と指導する
目が見えなくたって、天野さんにまかしときっ!大丈夫!安心して! ハー!ちゃんと手を伸ばそうねー! 浮力を使ってお水の中で、リラックス〜〜!
全盲の70歳過ぎの方や、聴覚障害の方もいる プール内には365歩のマーチやノリのいい音楽を流す。「なんかさ、音につられて出来そうな気になるでしょ?」 首や肩を持ってあげて、ゆ〜〜〜らゆら。
気持ち良くない訳が無いよね!


1時間のクラスが終わるとスグ!今度は知的障害者とその付き添いの方のクラスになる
簡単なアクアエクササイズの後、♪おさるの籠やだ、ホイサッサー!♪と皆で歌いながら楽しく水と戯れる
ちょっとでもサボろうものなら、「真面目にやりなさいよぉー!!」と、活!を入れに行く。
天野さんの言う事は素直に聞く障害者達。そして、「楽しい?」と聞いた後、天野流のサインで
手と手を合わせて「イェ〜〜イ!」
後ろは捕まって浮いてるだけだから楽チンなんだ〜。 ビート版で泳ぐ。個人の能力に合わせて指示を出す。
先頭は浮かんでいる5人を運ぶ役目。
スタッフが先にお手本を見せたら次は障害者の番。
水の中とはいえカナリ重そう。
クラスの前半30分はアクアエクササイズで、
後半30分は泳ぎ中心のプログラム。



女の子にはお化粧をして帰してあげる。


アイシャドウや真っ赤な口紅を

つけて
あげる。

「ん〜〜〜!かっわいいよー!」

「私化粧しないのに、ナゼか一揃い持ってんのよ!」


がんばる業その2:障害者と、その親達の為の運動プログラム講師

             世界ボディーワーク協会(WABA)認定指導者も経歴の中で紹介されている。

             障害者と一口に言っても、本当に様々。身体障害・精神障害・知的障害。重度、軽度やら

             幅が広い。でも関係ない。みんな同じ!「私の基本理念は”心と体に優しく”ダヨ。」

             みんな色んな思いで生きている。沢山の紆余曲折を経て、自分のスタイルを貫き通す。

             基本は曲げない。「私、引出しはいっぱい持ってんの。大きくはないけどね。引き出し

             開ければ何かカンカは出せるようになって来てるヨ!」

知的障害のコたちは、天野さんのやる事にとても興味を持つ 障害者のコにも、お母さんの肩をマッサージさせる。 リズムに合わせて天野さんと楽しそうにダンスする障害者のコ達。
今日は自閉症の子供たちと運動。まずは軽い体操から。付き添いのお母さん達も同じ事をやる。 自閉症の子供たちがお母さんの肩を揉む。スキンシップは何より大事。触られて嬉しそうなお母さん達。 ここでも、先生が1番楽しそうな顔。楽しい雰囲気は誰にでも伝染するんだよね。



近所なら、自転車のカゴにこれらの道具を積んで参上する。




引き出しを沢山持っている彼女だからこそ、障害者やその子たちを抱える家族にもケアしていけるんだと思う。
簡単に飛べそうな「なわとび」も、彼らにとっては大変な事。最初は天野さんが手を取って一緒に飛ぶ。 怖がってても2回目からは、背中を押してあげるだけで、一人でやらせてみる。天野さんが背中を押してくれるから、なんか出来そうな気になる彼ら。 最後はお部屋を暗くして、ゆったりした音楽と共に天野さんが一人づつマッサージ。本当に気持ちがいい。疲れているお母さんたちにとっても、貴重な休息の時間。


別の教室の講師風景:この日は外にお散歩。車で30分ほどの公園のアスレチックやブランコで遊んだ。
上の画像のクラスでも共通している点は、人の話す内容は理解できるが、喋れない子が殆どと言う事。
自閉でも、症状は様々だ。でも、みんな天野先生が大好き!
優しい言葉だけではない。やってはいけないことをしたら真剣に怒る。
怒られても怒られても、自分を見つめていてくれているという安心感が子供達を素直にさせる。
君のいる地球(ほし)では、靴を食べる事が普通かも知れないけど、地球では靴は履くものなんだ!
そんな風に教えてあげる。
ほら!外に出る時裸足じゃ痛いでしょ?だから、靴は食べるものではなくて履くものなんだよ!
当たり前の事を、当たり前!と言っても伝わらない独自の世界を持つ子供たち。
ひとつづつ、時間をかけて育てていくのは並大抵の事ではない。

がんばる業その3:マタニティプログラム講師

             彼女の名刺の裏には、Sense of Laguz と書かれている。”おなかのあかちゃんと

             お母さん、障害のある人もない人も、すべての人々に、あるがままの自分を・・・”という

             メッセージが書かれている。

             体育大学在学中の卒論ゼミで、産婦人科を開業しながら、保育園、スポーツ教室を開催して

             いる方にお世話になった。卒業後、そこで保育園の見習保母として勤めはじめる。

             
スポーツ教室の講師も担当になり、産婦人科では妊婦体操や産褥体操、ヨガのお手伝いも

             した。その後は産婦人科で専門に15年間勤務。その経験から、マタニティアクアプログラムも

             御自身の3回の出産経験を織り交ぜながら楽しく開催している。

吉祥寺のスポーツクラブで、マタニティアクアを開催中の天野さん
これはWATSU(ワッツ)といって水中リラクゼーションです。
1対1またはグループになって行います。これを受けた妊婦さんの意見は、
    とにかく気持ちがいい!
    すーごくリラックスできる
    大好き
    あかちゃんになったみたい
    生まれた赤ちゃんのようだ
                      ・・・と好評です by あまの よしこ

夢・・・:3人の子供がまっすぐ!おひさまに向かって育ってくれればいい。あとは、色んな人と触れ合って

     楽しい事をしていきたい。

お言葉:
若者よ!前をむいて歩こうぜ!道に唾を吐いたり、たばこをポイ捨てしたりは、いかん!




 楽しい事一緒にしよ!

jojitown宛てにメールくださいナ!


編集後記

ほんとに呆れました!取材に同行したある日の彼女は、午前中にスイミングのクラスを2時間びっちり

プールの中で過ごし、着替えやお化粧をしてあげて、次なる運動プログラムのクラスへ移動。

昼食は軽いものしか口に出来なくなっている。

そして今度は後片付けまで入れて4時間びっちり。帰りは自ら運転して帰宅。

そして買い物、食事作りや家事が待っている。

朝はお弁当作りで5時起き。土日の朝も子供の部活のお弁当作り。

私も3人のおこちゃまがいるけど、彼女の、全ての子供達に対する情熱には頭が下がる。

健常者、障害者。

彼女には通用しない言葉だ。未来ある子供達や、まだお母さんのお腹の中であたためられている子供達へ愛情を注ぐ。

沢山愛情を注がれて育てば、他人にも愛情を注ぐ事ができるんだね。

私は沢山の人にいろんな形の愛をもらっているから、それが解ったよ。だから愛情を注いでもらえるように

日々生きていかなくちゃいけないんだよね!

10数年前から「元気なやっちゃなー!」という印象を持っていました。

がんばる人の初期に取材しようかどうかと迷ったのですが、その頃私にまだ自信のカケラも無く実現しませんでした。

今回ヤット!実現し、嬉しい記事になりました!
出身中学も同じなんだよ。


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2001.6, 13