写真集と商売道具

●プロフィール  

   向山 とき むこうやま とき

   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     大正2年2月17日生まれ 水瓶座 O型

     髪結い

     主婦

   ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

本業:髪結い

    戦前の昭和一桁から東京は下町浅草で、髪結い業に従事。髪をいじるのが好きではじめて70年以上。

    場所柄、芸者衆の髪を結う事が多かった。浅草の「小宮」という美容院に13歳から修行。

    同期では、メイ牛山さんなんかがいらしたのよ。

    当時は6帖2間に24人が寝泊りしていた。朝は5時には起き、夜は12時過ぎに眠る。

    髪結いの仕事が終ると、洗濯板を使っての洗濯。8年間もの間、毎日6〜70枚の洗濯をしていた。

    食事は一汁一菜。肉や卵なんて食べた事なかったわよー!

    大森の花柳界でお店を持たせてもらったけどね、ちゃんと借金は返しましたよ〜。当時は着物着て

    下駄履いて、大きな荷物抱えて仕事に走り回ってたもんで、『怪物』なんてあだ名がついちゃってねぇ〜。    

    

向かって左が”とき”さん。隣はお友達。

 

がんばる業その1:主婦

            ご主人はお琴や三味線を作る「向山楽器店」を経営されていました。

            もう他界されてしまったのですが、お見合い結婚だそう。

            今で言う「共働き」です。3人のお子さんに恵まれました「もうひ孫がいるのよー!」

            御長男の向山正成 さんが、後を継いでらっしゃるのですが、ナント!

            開運!なんでも鑑定団にご出演なさってます。また、平成13年1月24日には

            東京都認定の伝統工芸士に選ばれました。(HPはこちらから・・・)

 

趣味:趣味なんて持つ暇なかったわよー。まぁ、仕事が趣味みたいなもんだけどねー。

    たまには旅行に行って温泉浸かって、美味しいもん食べるとかするじゃない〜。でもね!

    お料理たくさん出てきても食べきれないのよね〜。「もったいないなー」と思っちゃうのよォ。

    折角来たんだから旅館に閉じこもってないであそこや、ここや行かなきゃって言われてもね〜。

    のんびりしてたいじゃない。だから旅行もね〜、特別行きたいとも思わないわヨォ!

 

お言葉:もうね・・・。粋な生き方してる人がいないねぇ〜。昔はね、粋な遊びしてたのよぉ!

     旦那衆がね、嫌な事忘れに遊びにいらっしゃるのよ。男・女、色気があったわね〜。

     今は、芸者ったって、コンパニオンだかなんだか?わっかんないじゃないのよぉー。区別がつかないわよ。

     情けないね〜。 

     今でもね、暮れや正月に「日本髪」結ってくれって人いらっしゃるのよ!今年もご指名あったんだけどね、

     体壊しちゃって、お断りしちゃったのよ・・・。これも情けない話だね〜。   


編集後記

この年代の方々が、現在の日本を築いてきた創始者です。

何も無いゼロからのスタート。これができる人って凄い!と思います。

今は何でもコピー。誰かの発想を膨らませれば商売になったり、有名になれたり。楽なものです。

このページで使わせていただいたモノクロの写真は”とき”さんに惚れこんで”とき”さんの

オッカケをされていた女性写真家の方のものです。

40歳過ぎて写真家になられ、51歳で白血病で他界されたそうです。

ご本人の許可がないのに掲載する事に関し、「撮られた私がいいって言ってんだからいいのよ!」と

特別に許可を頂きました。今は体調を崩してらっしゃいますが、早く元気になって現役でまだまだ活躍していただきたい。

とてもチャキチャキな、粋な女性でした。モチロン!色気を忘れてナンカいませんよ。


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2001.2.17