●プロフィール   

   溝渕 和代 みぞぶち かずよ

   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     1950年5月29日生まれ ふたご座 B型

     武蔵野市立北町保育園 主任保母

     りんごのうたの会 代表

  ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

 

本業:武蔵野市立北町保育園 主任保母

    保母歴30年。現在は主任だが、市内の各保育園(吉祥寺・南町・北町)で保育者として、共働き一家の

    強い味方として現場に勤務。子供たちにとっては本当のお母さんより、長い時間一緒にいてくれる人。

    普段はジャージ&トレーナーで子供たちと一緒にムキになって遊ぶ。

 

がんばる業その1:りんごのうたの会 代表

            主人を9年前に亡くしまして、元気が取り柄でやってきたのですが何もなくなった気がして。

            でも、これじゃいけないと。何か楽しい事をはじめなければ・・・で、

            歌の勉強をはじめたんです。歌をはじめて9年経ちました。今回何か違う意義を見つけたくって

            高齢者の方々や、その他色々な方々と歌を通してつながって行きたいと考え、「りんごのうたの

            会」を発足しました。休みの日はこの活動を当分ボランティアで続けていこうと思ってます。

            ナゼ「りんごのうたの会」かって?この歌は敗戦後の日本人が混乱期にある中

            大勢の方に、勇気と希望を与えた楽曲なんです。私自身、歌がなかったら勇気づけられな 

            かったですから・・・。

趣味:今はとにかく「歌」ですね。教室には3ヶ所通ってます。シャンソンも習ってますし、文学も少々・・・。

    文学よりも、今は「歌」しかないんですよ。「歌」を通してこれから色々な事ができるじゃないですか。

    ソロライブもやりましたけどね、なんか違うなぁ〜って最近思ってます。自分だけで歌って気持ちいい事に

    疑問を感じ初めています。まだまだ「歌」で可能性がありますねー。

 

夢・・・:50歳になって思ったんですけどね。なんだかんだ言っても、好きな事やってる人が勝ちだな、って。

    だからこれからも、自分を生かすことができ、尚且つ好きな事で、っていうのやり続ける事が夢ですね。

 

お言葉:今は子供たちが色々な状況に置かれています。職場の責任とか、自分のやっている「歌」とかが

     今後どう繋がっていくかは、わからないですけど、何かしなきゃいけないと思うんです。

     自分なりにできる事っていったら、歌を通して、歌をやっている事が何かの力になれば最高ですね。

     「おばさん、年とってるけど頑張って自分の生き方貫いてるんだぞ!」

     っていうパワーを発する事。そして何かと繋がって、それを誰かに返して行く。

     意義あることは見つけていこうと思っています!

 

弱点:ほとんどの事が弱点だと思います。    


編集後記

取材日は「りんごのうたの会」の記念すべきデビューの日でした。

 場所は、「がんばる人」第2回に取材に伺った、「北町高齢者センター」です。

 おみ足の不自由なお年よりや、痴呆症の方など職員の方がおうちまでお迎えに

 行かれたり、ご自分で歩いていらっしゃる方等沢山の方が利用されています。

 「青い山脈」「津軽海峡冬景色」もちろん「りんごのうた」はオープニングと

 ラストと2回歌いました。お年よりの方々もマイクを向けられて、始めは遠慮がち

 でしたが、佳境にはいると堂々と歌ってらっしゃいました。戦後の大変な時期を

 一生懸命生き抜いてこられた方たちは、懐かしそうに、楽しそうに溝渕先生と

 歌を通して交流しました。午後からは、又別のセンターへ「りんごのうた」を

歌いに行かれました。いつ会っても元気な先生です。パワー充電させていただきました!


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2001.1.30